前回は夕食対応をお話ししました。

今回は、まとめに入ります。

私の場合は、大量飲酒を本当に毎日一日も欠かさず継続していました。

ランニングは1か月に600km程度走っていました。

筋トレ・ストレッチ等の運動も毎日継続しました。

朝食・昼食・夕食等も今まで記載した内容を実に一食も例外なく継続したのです。

大病院での再検査日程までの2か月間はとても長いので、途中で町医者の病院で検査をすることも
考えましたが、やめました。

理由は、もし順調に数値が改善していたら、油断する可能性があると感じたことです。

また、もし数値が改善していなければ、落胆する可能性があると感じたことです。

だから、再検査の日まで検査はしませんでした。

再検査当日はとても緊張しました。

本当にこれだけのことをして来て、もし数値が改善していない場合の恐怖感と、あの大先生を奇跡の正常値で驚かせてやりたいという野心が入り混じった感情でとても興奮して緊張していました。

血液検査の結果の前に、看護婦さんに呼ばれました。

理由は、体重が実に2か月で5kg増えていたためです。体重の測定間違いではないかとの確認でした。

通常中性脂肪値が改善する場合は、当然ながら体重は一般的には減少する傾向にあります。

中性脂肪の量と皮下脂肪の量に相関関係があり、中性脂肪がすれば、皮下脂肪も増加して、結果体重増加につながるという一般的な考え方です。

私の場合は、懸垂等の効果的な筋トレ・良質のたんぱく質の摂取等で、短期間(2か月間)に体がかなりの筋肉質に変化しておりました。5kg体重増にもかかわらず、ベルト穴ひとつ分ウエストが細くなっていたのです。

腹筋も当然割れ割れでした。

体重の増加は測定間違いでないことを確認した上でいよいよ、大先生との診察面談となりました。

ついに大先生に呼ばれました。大先生は既に血液検査の結果を見ています。

「うー」という絶句に近い言葉が漏れてきました。

要するに驚いているのです。

「これは驚いたね」と言われました。

私は、大先生が見ている血液検査の結果を見つけました。

91 !!!!!!!!!!!!!
あの3475が、91へ

私も期待はしておりましたが、まさか91だとは思っていませんでした。

大先生は、本当に言葉が出ない様子です。本当にいまだに驚いています!

大先生は「断酒が効きましたね」と、かなり間を置いて言われました。

私は、「はい」と素直にうその返事をしました。

「実は先生、私は先生の言われた断酒は一切せず、毎日大量のお酒を飲み続け、先生が一切コメントしなかった食事療法と運動で完全回復しました」とは決して言いませんでした。

その時の心境は、まさしく「勝った!大先生に勝ったんだ!!!」との馬鹿な感情に支配されていました。

この2か月間の生活改善は、もしか皆様に活用できる部分があれば、是非お試しください。

これは、誇張が一切ない真実の話です。

お酒を飲み続けて、完全回復したのは、徹底した食事療法と圧倒的な運動量と、あえて言えば、絶対2か月で正常値に戻すんだとの強い信念であったことと、自分なりに分析しています。

もちろん断酒か節酒した方が回復の速度や効率がいいことは間違いないと思います。

また、運動量も極端に増加させていますので、足腰等の故障や肘(懸垂)等の故障の可能性もかなりありましたが、なんとかギリギリ故障も免れました。

皆様の生活に取り入れられる場合は、徐々に無理なく導入してください。

また、今まで記してきた健康法は、中性脂肪値改善だけでなく、一般的な血液検査項目である肝臓に関する数値(γーGTP,GOT,GPT)、血糖値、尿酸値、コレステロール等の数値化改善にも大きく寄与しますので、ご活用ください。

それでは、これで奇跡の中性脂肪回復記は終了します。

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました。

皆様のご健康を祈念しております!!!

さて、本テーマの中性脂肪値の奇跡の回復に続いて、健康レポートに関して、『ダイエット』で今もキープ中での生活方法をご紹介いたします。

乞うご期待!!!  ダイエット

↓DHA・EPA含有量が最も多い中性脂肪値改善に効果抜群のサプリ!