まえがき 

 独学しかも最短時間と最小努力で、中小企業診断士試験に合格する方法をご紹介いたします。

 知り合いの受験生に、この勉強方法を説明したところ、3ヶ月間の勉強で、いきなり1次試験合格点数まで実力を上げられました。

 その方は、数年間勉強して、それまでは成果が十分上がっていなかったようです。

 私の勉強法が、自分だけでなく、他の方にも有効であると確信しました。 

 全体の構成として、以下の通りです。  

 1.合格までの経緯                                     
 2.合格のための基本的な考え方      
 3.1次試験勉強方法
 4.2次試験勉強方法
 5.合格後から今日に至るまで
 6.これからの新しい完全独立に向けた生活


 
 1.合格までの経緯

 私は、2010年同資格に合格しました。

 その年の全国合格者約950名中でも、最短時間学習者として1%以内には間違いなく入ると思います。

 自分では合格者で一番の最短勉強時間だと思っております。

 要するに、あまり勉強をしておりません。

 自慢できることではありませんが(大汗)。

 早速そのノウハウをご紹介したいと思います。

 結論は、2点です。

 1点目は、同受験を申し込み、同試験を受けることです。

 2点目は、過去問の徹底攻略です。

 ポイントは、この2点に尽きます。

 まず受験を申し込み、合格に向けた動きを始めます。

 今から試験申し込み日と受験日、合格発表日を手帳に書き込みます。

 ここがスタートです。

 ◎ 今(試験申し込み)→ 試験日 → 合格発表日(不合格)→ 再度(試験申し込み) →      
  試験日 →合格発表日(合格)のように 合格の流れを具体的に作ることが大事です。

 最短時間・最小努力は、他の人との比較ではありません。

 自分自身としての最短・最小です。

 大切なことは、合格までのプロセスを具体化することです。
 
 何かを具体的に始めないことには、何も始まらないのです。

 2点目に関しては、合格への最短コースは、ずばり過去問研究です。

 過去問には、合格するための要素がほとんど含まれています。

 極論すると、1次試験に関して言えば、他の勉強は一切せず、過去問5年間を正解解説も含め、暗記すればかなりの力がつくと思います。

 また、上記2点に加え、私は、フォトリーディング(速読法)を身に付けました。

 フォトリーディングに関しては、ネット等でお調べください。

 私は、2日講座を受講して、身に付けました。

 私にとっては、その結果、とても時間節約になりました。

 これがなければ、勉強時間最短者とは、自称でも言えなかったと思います。

 皆様にもお勧めします。

 但し、 この技も、人のより、効果の現れ方、認識等に大きな違いがありますので、ご注意ください。

 つづく(タイトル名その3へ)独学その3

↓ご参考に!