09年08月1次試験結果
財務会計  84点
経営情報システム 52点
経営法務  44点
企業経営理論  62点
運営管理  68点
5教科合計点  310点
5教科合計必要合格点 300点 

上記の通り、わずか10点プラスで1次試験合格となりました。

経営法務の試験が超難解で大苦戦しました。
      
情報システムも、09年は60点以上は確実と考えておりましたが、上記の点数となりました。
      
大健闘は、財務会計で望外の点数となりました。

 続いて、1回目の2次試験の結果です。

 1次試験勉強時に、2次試験はまったく意識していなかったので、試験内容や合格基準も情けないことに知りませんでした。

 事例Ⅰ 判定B
 事例Ⅱ 判定B
 事例Ⅲ 判定C
 事例Ⅳ 判定A
 総合  判定B  判定A:60点以上 判定B:50~60点 判定C:40~50点 判定D:40点未満

 総合判定でBとなり、不合格となりました。
 ☆ここでも、不合格ですが、次年への合格の道筋が付いています!

 何回か予備校の模擬試験を受けましたが、合格判定は50%以上になる事はありませんでした。

 また、本試験でも、とにかく解答欄は埋めましたが、自信のある解答ではありませんでした。

 題意(作問の意図)が分からず、合格は困難との手応えでした。

 ぎりぎり合格できないと思ったとおりの結果でした。

 翌年は、添削(D&H*)をやり、合格することができました。
 *D&Hは、2次試験専門の添削指導を実施している会社

 しかし、色々な事が重なり、試験前5ヶ月間は合計勉強時間が10時間にも満たない状況となったため、1ヶ月前から2次試験を受験するか迷いに迷いました。

 前日は、大酒を飲み、わざと試験に行けない様に意図的に過ごしました。

 当日の朝、今回受験しないと大きな後悔になると思い、二日酔いの頭に鞭を打ち、試験場に向かいました。
 ☆結果論ですが、自分の可能性を絶望的な状況でも信じて、奇跡が起こりました!
  本当にいい加減で済みません(with 大汗✖2)

前年と逆で、受験後不思議なことに、かなり手応えがあり正直合格したと思いました。

前年と比較して、明らかに題意を見抜き、模範解答ご真ん中の解答ができた感じが正直しました。

以上が、私が1次・2次試験に合格した経緯です。

ストレート合格ではありませんが、勉強時間だけは本当に少ないです。自慢できることではありません(大汗)。


つづく(タイトル名その5へ)独学その5

↓教材選びのご参考にしてください!