今回のオリンピックのリオ大会では、皆様ご承知の通り、日本人選手が大活躍して、史上最高のメダル数獲得41個となりました。

 金メダル12個、銀メダル8個、銅メダル21個がその内訳です。

 そのメダル獲得総数に大きく貢献したのが柔道男子競技で、全8階級メダル獲得で、本当に驚くばかりの奇跡的な成績です。

 日本オリンピック委員会から、金メダル500万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円が支給されます。

 体操男子の内村選手は、団体と個人総合競技の二つの金メダルで1000万円で、トップです。

 2位は水泳の萩原選手で、金メダル500万年、銀メダル200万円、銅メダル100万円の合計800万円です。

 これだけの圧倒的な感動を日本中にいや世界中にもたらしてくれて、この金額は高いでしょうか?

 安いのでしょうか?

 メダル獲得したほとんどの選手が、子供の頃から、いや本当に物心が付く以前から、普通の人が経験する体験を犠牲にして、その競技に文字通り打ち込んでいて、ある意味死にもの狂いで自分自身との闘いに打ち勝ち、そして更に他選手との戦いに明け暮れて日々生活してきているのです。

 例えば、あの女子卓球で大活躍した伊藤美誠選手は2歳のころから練習を始めて、夜2時過ぎまで練習をしていた日もあるそうです。

 常人には、とても想像できない過酷な訓練を本当に幼いころから積んできている訳です。

 その情熱とその成果、また、その陰にある犠牲にしてきたものを考え合わせると、金銭的にはとても数値化できないものであると思います。

 ましてや、数百万ではとても足りない、例えば、一億円でもぜんぜん足りないと思います。

 この地球上で、その道において、世界1位が金メダル、世界2位が銀メダル、世界3位が銅メダルですから、やはり金銭では全く評価しえない価値のものであると、改めて思います。

 ただ選手ご自身にすれば、いいお小遣いで、無限の価値のメダルに加えて、貰えるお金なので、無いよりずっといいと思います。

 今後の東京大会でも、更なる日本人選手の活躍を期待したいと思います。
 
 個人的には、メダルの報奨金は少なくとも一桁上げてもいいと思います。

 余談になりますが、オリンピックの地元開催は、本当に大変なモチベーションになるんですね。

 今回のリオ大会に続く東京大会を見据えた上での、支援団体の選手強化対策や、選手ご自身の練習強化等がもう既に東京大会招致が決定した数年前から実施されている訳ですから、何ともすごいエネルギーが既に投入されているんですね。

 自分の人生に翻って考えてみると、何か自分に与えられている環境・状況の中で、自分なりの金メダル獲得を目指して、日々鍛錬して、何らかのささやかな成果にでもつなげられたらと、考えてしまいます。

 オリンピック選手の情熱の5%でもあれば、今ある自分の人生にものすごいことが起こせそうなな気がします。

 4年後の東京大会では、少しでも英語を上達させて、世界から東京にやって来る選手やスタッフの方を少しでもサポートして、世界とつながりたいと思います。

 感動を身近に感じるとても貴重で楽しい経験ができそうですね。

 東京都民、日本国民皆で、美しく安全で盛大な東京大会にしたいですね!!!



Wのオルニチン