ふるさと納税が初めての方へ

ふるさと納税て、ご存じでしたか?

実は、私は全く知りませんでした。

この仕組みをつい最近知って、本当に驚いています。

こんなお得な仕組みが世に中にはあるんですね!

これは、知らないと本当に損です。

知らないだけで、大損です。

世の中情報格差という言葉がありますが、本当に身に沁みます。

それでは、以下、まずは簡単な図表で仕組みをご覧いただきます。

<ふるさと納税の仕組み>
ふるさと納税を考えるときに、以下の図表のように2か年通しで俯瞰するのが、わかりやすいと思います。

総務省のふるさと納税ポータルより

下図に従って、ご説明させて頂きます。
<前提1=ふるさと納税しない場合>
あなたは、年収600万円の共稼ぎのご家庭で、所得税20%、住民税10%で年収の30%を納税しています。
ふるさと納税しなければ、16年度も17年度も納税額は180万円です。
ふるさと納税しないっ売は

<前提2=ふるさと納税する場合>
前提1と同様で、16年度12月にふるさと納税を7.7万円実施します(年収600万円の税控除上限額)。
⇒年収ごとのおおよそのふるさと納税の税控除上限額はこの表をご参照ください

総務省のふるさと納税ポータルより

*年収が別のレンジの方は、総務省のふるさと納税ポータルサイトをご覧ください
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html#block02
ここ↑をクリックください!

16年度は、通常の納税額180万円+7.7万円(ふるさと納税)=187.7万円の納税額となり、7.7万円出費が増加します。

17年度は、通常の納税額180万円からふるさと納税額7.5万円(7.7万円ー0.2万円)が控除されます。

納税額は、ふるさと納税をしない場合に比べて、16・17年度の2年間で0.2万円(2000円)増加します。
しかし、ふるさと納税後に、7.7万円のふるさと納税金額の約半額分(3.9万円分)の返礼品が自治体から送られてきます。

つまり、2年間でみると、納税額実質2000円で、納税額の半額見合いの返礼品がもらえます。

これは、本当に驚くほど、得な仕組みです。


この上図が一番わかりやすいかと思います。

以下、言葉でもご説明させて頂きます。

一言説明
☆事前にご自分がお好きな自治体(自分の故郷である必要はなく、返礼品をご自分の好みで選ぶ)を選んで、ご自分の年収の税控除額内で納税をして、翌年その納税額分がほぼ丸々税控除され、しかも、自治体から自分が選んだお好みの返礼品を納税額の約半分見合い貰える仕組みです。

別の視点での説明
☆実質2000円で、税控除内の納税金額の半分見合いの返礼品がもらえる仕組みです。

時系列的に説明しましょう!
☆前提:あなたは年収600万円の共稼ぎのご家庭だとします
①下記添付の『ふるなび』をクリックして、各自治体の特産品を比較します
②お好きな特産品の自治体を選びます
③あなたの年収のふるさと納税の税控除上限額を確認します(ほぼ7.7万円)
④上記③の税控除上限金額の7.7万円をあなたが選んだ自治体にふるさと納税として治めます
⑤その自治体から7.7万円の約半額に相当する特産品が今後1年間あなたに返礼品として送付されます
⑥翌年あなたの税金から7.5万円が控除されます
⑦但し、その時たった2000円分(納税額7.7万円ー税控除額7.5万円)だけ税金が実質加算されます

つまり、上記の別の説明に置き換えると、実に2000円で、7.7万円の半額に当たる返戻金がもらえるのです!

知っている人は知っていて、皆活用しているんです!

わー、私は知らなかった!

今年は、このふるさと税を使います!

自治体によって、その返礼品が実に様々で面白いし、とても便利なんですよ!

ちょっと、これクリックして見てみて!

最高級のお肉、またその食事券(そんなのあるの!)、新鮮な野菜、特産品、家電!おしゃれな衣料品!

とにかくこれは凄いですね!

皆で楽しく活用しましょう!

だって、皆ハッピーで、損する人いないよ!

大好きな返礼品を選んでね!














重要なポイント
・クレジット決済が基本支払い条件となります
・自治体によって、様々な返礼品があります、地方特産品、家電、ブランド品、お食事券等お好みでお選びください