先日第三者委員会の掲題に関する調査報告が行われました。

その調査報告に関して、私見を述べさせていただきます。


私事になりますが、将棋の腕前はアマチュア4段ですが、実際は大した実力はありません。

しかし、プロ棋士の実力の凄さは理解できる程度の力はあります。

要するに将棋の基本に関しては、ある程度理解しているレベルです。


さて、本題に入ります。

先ず、調査委員会の調査報告の結論に関してですが、三浦九段が『白』というような誤解を招く表現であったと思いますが、

結論は、『調査の結果、不正を働いた具体的な事実は確認されなかった』とすべきです。

なぜなら、あのような中途半端な調査で、事実関係が明確化されて、『白』か『黒』と明確に判定できるような調査は、まったく行われていないからです。

三浦九段が提出したスマホ・パソコン類から証拠となる事実は確認できなかったとのことで、まさに、調査報告の事実は、この点に集約され尽くしています。

疑惑の本人が提出した証拠物件を調査して、証拠となる事実が確認できなかった。

だから、『白』と判定するのであれば、本当に言葉は悪いですが、カバ?(逆?)としか言いようがありません。

中途半端な第三者調査は、ある意味物凄く無責任です。



また、将棋協会側も、三浦九段に対して陳謝のコメントがありましたが、これも甚だ中途半端な対応としか言いようがありません。

もし、不正が間違いであれば、今回の竜王戦は、当然ながら、無効とすべきです。

協会側の判断の誤りであり、タイトル戦はやり直すべきです。

なぜならば、三浦九段は不正をしていないのに、協会側の完全な間違いで、竜王戦タイトルの挑戦権を剝奪されたのは、その竜王戦のタイトル戦(三浦九段が不参加)は、当然ながら、無効です。

協会側は、表向き第三者委員会の調査報告を受け入れ、表面的には陳謝しましたが、本音の部分では、三浦九段を『黒』と断定しているからこそ、竜王戦を再度実施しないのだと判断いたします(この判断自体が私見)。

何が真実かを判定するのであれば、徹底した調査をすべきであり、そのうえで『黒』か『白』と断定すべきです。

今回の第三者報告の仕方は、調査仕方・内容等を完全に公開したうえでその事実に立脚した内容とすべきです。

また、将棋協会側もその事実に即したコメントを発表すべきです。

今回の第三者委員会の調査報告では、将棋協会側はコメントの出し様がなかったかもしれませんが。


少なくとも、三浦九段以外のプロ棋士の殆どが、『黒』と断定している状況は、まったく変わっていないと思います(個々の部分も私見です)。