ふるさと納税って、どんな仕組みかもう一度復習させてください。

僕は、例えば、今年年間10万円住民税を東京都に納めています。

今年ふるさと納税を10万円北海道にしました。

来年の確定申告の時に、ふるさと納税10万円したと申告書の所定の欄に記入します。

すると、今年の10万円既に東京都に納税した住民税のうち、9.8万円が来年の税控除で、戻ってきます。

ここで損を0.2万円(2000円)をします。

しかし、北海道から僕が選んだホタテの特産品が約5万円分送られてきます。

つまり、0.2万円で5万円分のホタテを購入したことになります。

実質的な得は、4.8万円です。

これが、ふるさと納税のメリットです!

ふるさと納税は、これだけの仕組みです。

我々ふるさと納税者は、マル得です。

今ふるさと納税の仕組みが問題になっているのはこの点です。

東京都は住民税が10万円分減ります。

また、北海道は10万円の納税がありましたが、その半分の5万円分の特産品を僕に贈りました。

日本全体で見ると、税収は4.8万円減少します。

これが、問題なんです。

だから、ふるさと納税は、絶対にお得です。

お好きな特産品、お好きな地域、ふるさと等を選んで、ふるさと納税しましょう。

仕組みが変わる前に、早々にお好きな特産品を選んでください。

これからも色々紹介していきます。

今後もよろしくお願いします。

↓ふるさと納税見直し中、今のうちにふるさとの納税のメリットを生かしてね!さとふる 刺身切り身カテゴリ