ふるさと納税のここがポイン!

ご自分の年収のふるさと納税の税控除上限金額内であれば、

ふるさと納税額が多ければ多いほど、

丸得だと言うことです。

*年収が別のレンジの方は、総務省のふるさと納税ポータルサイトをご覧ください 
 ↓ここをクリックください!

2,000円を除く全額が控除できる寄附金額の一覧(目安)

*総務省が提供している個人用の税控除シュミレーションです。
ご自分の年収や家族構成を入れて、 2000円での税控除上限額の目安を調べてみてください。 
↓ここをクリックしてください!
(ダウンロードして、それから編集可能モードにしてからシュミレーションが出来るよ)

寄附金控除額の計算シミュレーション

例えば、あなたのふるさと納税の税控除上限金額が例えば6万円だとします。

その場合で、ふるさと納税を1万円しても、6万円しても、負担額は同じ実質2000円ということですよ!

つまり、税控除内であれば、ふるさと納税は多くすればするほど、2000円で多くの買い物ができると言うことです。

こんな仕組みは、今後永遠に続かないと思います。

だから、今年はあなたの税控除上限額のふるさと納税をお薦めします。

こんな仕組みがあるんですね!

↓今話題のふるさと納税【さとふる】!


↓ふるさと納税の新しい形。ファッション、日用品が揃う!


↓日本初有名ブランドがもらえるふるさと納税サイトはここだけ!