↓イチロー選手並みの格好いいい体を作ろう!(笑)


イチロー選手は、ご承知の通り最初は天才と言われていました。

それを聞いたイチロー選手が、

自分は天才なんかじゃなくて、

陰でどれだけ努力しているか知っているのかと

怒ってコメントしていました。

それからイチロー選手は、

努力の人でもあると認識されました。

その時、子供の夢を潰さないように、

プロは努力を表に出すものではないと言った著名人もいました。

でも、子供は努力すれば、

イチロー選手みたいになれるんだと思える方が、

夢があるんじゃないかと思いますよね。

イチロー選手は、

走攻守3拍子揃った選手であることは、

世界中のファンが知っていています。

そのイチロー選手が

野球で今後一番可能性を感じるのが、

走塁と言っていました。

つまり、守備・打撃・走塁のすべての分野で

世界的なトップを極めた選手が、

走塁に更なる可能性を見出しているということ。

私は、何が言いたいか?

その野球に対するイチロー選手の深い洞察に、

驚愕の念を覚えざるを得ないということ。

私がイチロー選手に対して、

最も尊敬していることは、

野球に対するその情熱です!

地球上で一番野球が好きなのは、

イチロー選手であると、

確信してます。

たぶんイチロー選手は、

365日24時間野球のことを考えているはず。

それも、最高の興味も持って。

イチロー選手は、

決してバラエティスポーツ番組に出演しませんよね。

あれだけのアスリートですから、

すごいパフォーマンスをどんな種類の運動も最高レベルでこなせるはず。

しかし、そんなことをするつもりは、まったくないんでしょうね。

最高の野球のパフォーマンスを発揮することにだけ

完全に集中しているんですね。

そんな選手は他の分野にも余りいないんじゃないでしょうか。

全てのスポーツも芸術も、

境地が上がれば上がるほど、

新しい景色が見えて、

その興味も限りなく深くなるはず。

きっとイチロー選手は、

今もただもっと上手くなりたいと

誰よりも強い情熱を持ち、

努力しているんでしょうね。

野球に関して、

イチロー選手以上の情熱を持っている人はいないでしょう。

私が言いたいのは、

イチロー選手の一番の才能は

野球に対する愛、

好きの度合い、

情熱ではないかということです。

ふと、あの競馬の騎手の武豊選手の言葉を思い出しました。

『私は騎手として上手くはないが、上手くなりたいという気持ちは決して誰にも負けない!』

その情熱に胸を打たれました。

あの葛飾北斎が89歳晩年言いました。

『あと1年あれば、私は天声の画家になれた』

達人の高みや如何に!!!

↓イチロー並みの筋力を目指そう!着るだけ筋力アップ!