電動自転車にとっての命は、何と言ってもバッテリですね。

バッテリがなければ、ただの重い自転車になってしまいます。

電動自転車 バッテリーで検索してみました。

やはり参考になる記事がありますね。

知っておきたい豆知識



僕は、そもそも自動車とか機械類全般に弱いの上記の記事でキーワードが二つあることが改めて分かりました。

1.バッテリー
2.充電器

バッテリーを広辞苑で調べてみました。

バッテリーとは、蓄電器なんですね。つまり、電気を貯めて、その力を原動力として、何かの運動を起こさせるものなんですね。

分かりやすく言えば、乾電池の大型版なんですね。

そのバッテリーに電気を蓄える装置が充電器なんですね。

お恥ずかしいですが、これで明確にわかってきました。

電動自転車は、コンセントにつないで走るわけではないので、バッテリーが必要で、しかもそのバッテリーには十分な蓄電がなされている必要がある。

バッテリーに十分な蓄電をするために、充電器が必要であるということですね。

つまり、バッテリーの性能が長期安定的に働くことが肝要なんですね。

そのためには、バッテリーと充電器が良質のものである必要がありますね。

例えば、遠方でバッテリーが作動しなくなって、大変ですよね。

また、楽天の電動自転車 バッテリーが色々記載されています。
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%9B%BB%E5%8B%95%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A+%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC/

ここでのポイントは、バッテリーと充填機がセットでしっかりと機能しなければ、いけないと言うことですね。

別メーカー同士の互換性は原則的にないようですね。