仮想通貨の最新ニュースについて、見てみたいと思います。

金融庁による育成路線転換で、交換業者の規制が更に強化される模様です。

顧客資産の分別管理体制や、株主と経営の分などの重要項目に関して、書面審査に加え、本当による運営体制をより詳細に調査するようです。

先日のコインチェックの通貨流失事件を背景にした動きと考えられます。

従って、管理がずさんな業者の取り締まりが厳しくなり、業界からの撤退業者も増加する模様です。

これらの一連の一連の動きは、仮想通貨の健全な取引環境を再構築することが狙いです。

我々ユーザーサイドからすれば、悪徳業者や弱小業者が市場から駆逐されて、むしろ安心・安全な環境で取引が可能になります。

こうした取り締まり強化は、我々ユーザーからすれば、大歓迎というべきでしょう。

つまり、金融庁は、仮想通貨の存在を当然ながら許容して、健全な市場環境整備策を打ち出している訳ですから、仮想通貨の未来は、基本的に明るいと見ていいと判断しています。

今後も、仮想通貨の事件や金融庁の動き、さらには世界の動向もご紹介していきたいと思います。