ダイエットしてはいけないこと6 不規則な生活とその対策です!

ダイエットではしてはいけないことがあります。

1.自棄食い
2.深酒後の深夜飲食
3.炭水化物の過剰摂取
4.食べ寝
5.運動ゼロ
6.不規則な生活
7.その他

前回は5.運動ゼロに関して、その対策を含めてお話ししました。

今回は、その6です!

6.不規則な生活
なぜ、不規則な生活がいけないのか?
2つ理由があります。
①習慣が確立しにくい
②心が安定しない

まずは、①習慣が確立しないについて、見ていきましょう。

例えば、起床時間が日々大きく変動すれば、ダイエットの朝の習慣が昼に、昼の習慣が夜にずれて、結局やらないことになったります。

習慣は、いちいち考えたり、決意したりする必要がないので、とても楽なんです。

不規則な生活は、その習慣を確立されにくく、また、確立されていたとしても、崩れることになりかねません。

だから、やはり規則正しい生活とそれに伴ったダイエット習慣を確立・継続したものです。

次に、②心が安定しないリスクを見ていきましょう。

不規則な生活を簡単な言葉に翻訳すると、寝坊になります。

寝坊すると、心に余裕がなくなり、必要最低限度の寝る・食べるになってしまう傾向が強くなりやすいからです。

以前出てきた食べ寝を、寝坊が誘発します。

従って、基本的には、休日の日も平日同様の生活リズムをお薦めします。

休日の午前中に朝寝以外のお楽しみ時間を設定してみては、如何でしょうか?

例えば、普段できないスポーツをやる。

デートを休日の午前中から設定する。

好きな習い事、ヨガの時間を休日の午前中にアポを入れておく。

朝から習い事に通う。

好きなDVDを朝から見る等々です。

☆芸は身を助く=規則正しい生活はダイエットを助く!