将棋界の超天才 藤井聡太四段(当時)と羽生善治四段(当時)の比較が実に面白い!

羽生善治竜王がプロデビューした当時も、かなり騒がれた。

中学生プロデビューであること、小学生将棋名人戦で数年間優勝したこと、その内容がトッププロ並みの棋譜であったことから、新四段になった時も、既に名人候補だった。

プロデビュー後は確か7連勝くらいで連勝が途切れたはずだ。

その後、NHKテレビ将棋で、当時の名人経験者、現役名人にも立て続けに勝って、しかもその内容が圧勝で優勝してしまった。

特に当時の加藤一二三八段(あのひふみん)との対戦では、

伝説の5二銀打、

将棋界の歴史にその名にとどめるであろう絶妙手が

大話題になった。

その将棋を解説していたのが、故米長永世王将だった。

その手が放たれた瞬間に、『やった!』と叫んだ!

つまり、当時の羽生竜王の煌めくような天才性が遺憾なく発揮されていた。

インタビュー等では、普通の中学生の域を出ない子供らしいコメントだった。

一方、藤井七段はどうか?

今既に達成している新記録はさて置き、違いだけを記載する。

・序盤から隙のない将棋

・中盤でも正確な指し手

・終盤の正確無比な詰手順

・コメントの落ち着きとその豊富な語彙

当時の羽生竜王に比較して、天才性よりは、正確性や完成度が際立って高いのである。

もちろん、天才性が少ないのではなく、十分その棋譜内容で痛いほど伝わって来るものの、それ以上の完成度を感じるのである。

どこまで連勝を伸ばすのか?

いつタイトルを獲得するのか?

どれだけタイトルを獲得するのか?

優勝回数をどこまで伸ばすのか?

勝率は?

今後の藤井七段の記録に興味は尽きない。

しかし、僕が一番関心があるのは、藤井七段の将棋の内容そのものだ!

実に実に面白い!

従来にない将棋を見せてくれる!

頑張れ、藤井七段!

100連勝目指してくれ!

そして、毎局最高に面白い将棋を見せてくれ!

大好き藤井七段!

↓藤井七段の追っかけになろう!生で応援しよう!勝負飯を食べよう!

↓この際将棋を覚えちゃおう!大人の老化対策!子供の脳力開発!人類の進化!人生の喜び!