昨日、サッカー日本代表のワールドカップ前最終試合のガーナ戦があった。

本日代表最終メンバーを選出するファイナルテストでもあった。

結果は、0:2で敗北した。

しかし、マスコミのコメントはわからないが、僕はよくやったと評価したい。

ハリル前監督時の試合は、監督の意図と選手のやりたいことが全く違い、チーム内が大混乱状況にあった。

一方、昨日の試合は監督の意図と選手の意志が完全に一致していた。

結果として、上手く行っているかどうかではなく、ベンチとピッチの意図が一致していた。

ここが先ずはチームの原点なので、これからその意図を実現するための作戦や練習をしていけば、ハリル前監督でワールドカップに臨むより勝つ可能性は確実に上がっていると思う。

しかし、パス精度、連携等は、ハリル前監督就任時に比べて、はるかに劣化していた。

この数年で、日本サッカーのレベルが格段に下がったことは明らかだろう。

とにかく、日本代表には前を向いて、ワールドカップで少しでも健闘することを期待したい。

頑張れ、日本代表!

僕がファンの香川選手は、残念ながら、最終メンバーに残れないね。

すこし寂しいな。