17/1/9 17:53です。

完全独立開始を17年9月末から6月末に、3カ月前倒しすることに決めました。

退職・完全独立が6か月を切ると、リアルに退職と完全独立を感じるようになってきました。

急激に意識も変わってきました。

その意識とは、もう一介の唯のオジサンになった気分です。

それは事実ですが、今までは無意識に色々な衣に覆われた自我が存在していたのです。

今までは、無意識のうちに一部上場の大手企業に勤めているサラーマンと強く意識していたことに気がつきました。

だって、自己紹介するときに、基本的には必ず名刺を差し出すわけで、○○会社のーーですとの表現になります。

これからは、完全に○○会社がなくなり、--という名前のみの自己紹介となります。

新しい自分の☆☆会社と言っても、当然ながら、相手は『それなんですか?』という感覚から始まるんだなと、実感しました。

なるほど、これが会社を辞める一つの新しい感覚なんだと痛感しています。

これが、企業に勤めていて、退職して、自分の会社を創ることであるとリアルに感じ始めました。


また、これからは、通勤電車に乗る必要がないことも、大きな変化になりそうです。

大体一定時間帯に決まった電車に乗り込む。

予め予想された通りの混雑。

時々かなり失礼で常識を失した人と乗り合わせることもある。

あのラッシュ時(毎日)の混雑とストレスを同じクラス(企業に勤める労働者)の人々と共有していた感覚も、6か月後にはなくなります。

通勤の定期も不要になります。


昼食もほぼ決まった馴染みの店に行っていたけど、まったく急に行かなくなる。

本当に日常の色々なことが変わってくる。

たぶん、普通のサラリーマンは定年退職するときに、そんな感覚がするんでしょうね。


退職することに、何も感傷的になっている訳ではありません。

この変化を事前に感じ始められたことは、良かったと思っています。

事前に色々な準備をすることができます。


次回の投稿では、完全独立後の楽しみ、今までは絶対できなかったことをやってみたい内容と、

独立後の心構えや生活習慣に関して、お話をしたいと思います。

つづく(その21)

↓中小企業診断士の資格取得のためのご参考教材!