東京の中にある北海道って、結構あるよ!

東京で生活していても、自分のふるさとを感じる瞬間てあるよね。

街を歩いていると、旭川ラーメン屋さんがあったりすると、とても気になる。


行列が出来てたりすると、とても嬉しい。

実は、誇らしい気分にまでなったりする。

札幌ラーメンは、昔ほど見かけなくなったね。

それから、ジンギスカンの宣伝なんかあると、思わずその場所を確認してしまう。

居酒屋さんなんかでも、北海道料理を出す店も多いよね。

大きな焼きホッケが、懐かしいな。

それから、毛ガニや夕張メロンの宣伝を見た時かな。






いつも食べ物の話が多いけど、それ以外でも感じるのは、テレビかな。

ニュースで全国の天気や気温の話をしていると、思わず旭川のことを確認してしまう。

気温がいつも低いんだよね。

でも、夏は30度以上の日も意外に多いんだよね。

盆地だから、意外に気温が上がるんだよ。

そうそう、甲子園の出場チームはいつも気になる。

春の選抜は1校、夏は北北海道と南北海道から各1校出場する。

旭川からの出場校があると、応援にいつも以上に力が入るんだ。

あとは、歌だね。

何かの拍子に、中島みゆきの悪女・時代、松山千春の恋・大空と大地なんかがかかると





もう駄目だね。

胸が締め付けられるだよね。

別に中島みゆきや松山千春のファンじゃないんだよ。

あなたは、東京でどんな時、あなたのふるさとを感じますか?