サッカーの日本監督のハリルが解任されました。

解任に賛否が分かれていることにいささか驚きました。

ハリル監督解任の是非について、考えてみたいと思います。

解任反対論には、大きに分けてその要因は二つあると思います。

一つは、とにかく時期が遅すぎるということです。

まったくその通りで、東アジア選手権の後にすっきり解任すべきでした。

北朝鮮・中国には勝ちましたが、内容的には完全に負けていました。

また、韓国戦は内容ボロボロの1:4の惨敗でした。

しかも、韓国戦後、ハリルは韓国の方が格上で日本より明らかに強いと認識していたと、自己責任完全放棄のコメントをしました。

また、戦術やプレの意思統一もなく、新たなメンバー選考のみに重要な試合を消化しました。

この時点で、解任していれば、世論も完全に賛同したと思います。

しかし、タイミングは遅すぎました。

また、解任反対論のもう一要因は、ハリルがWカップ相手国の分析力にたけていて、その本領を発揮するのはWカップ本戦であるとの見解です。

しかし、選手全員がハリルの縦一辺倒の戦術に辟易しきっている現実があります。

また、選手の意見を聞くと言いながら、意見を具申した主要選手を造反と自己判断して、代表に呼ばなくなる自己独善メンバ―選定には、驚かされました。

実績と経験と現に活躍している欧州選手を外し、なにも文句を言わない選手限定の招集は、二流会社の独善社長そのものでした。

監督への選手の信頼感が完全に喪失し、代表選手の選抜自体が妥当性に欠けるメンバーになっても、ハリルの相手国分析能力に最後まで期待をかけるのが得策とは、思えません。

ハリル解任のタイミングは確かに遅すぎるとは思いますが、このタイミングでも続投より解任の方は、上記理由で100倍チームが改善できると思います。

田島会長の英断を評価したいと思います(遅いですが)。

頑張れ、サッカー日本代表!