電動自転車は、大きく分けて、3つの分野の需要構造を持っています。

1.お母さんの子供運搬用
2.スポーツバイク
3.高齢者用

上記3の高齢者用に本日は焦点を当ててみたいと思います。

最近高齢者の方の運転ミスで、ご本人も無関係な方の事故に巻き込まれて、大きな社会問題化になりつつあります。

高齢者の方の運転免自主返納のお話をよく耳にするようになりました。

運転を中止すれば、それだけ事故の確率が減り、ご本人も家族の方もご安心の事とは思います。

しかし、活動自体の低下を招いたり、社会参加の機会が大きく減ったり、ご本人の心と体を老化を早めてしまうことにもなりかねません。

そこで、俄然注目されるのが、高齢者向けの電動アシスト三輪車です。

なぜ三輪車かと言えば、安定感が圧倒的で、安全性がぐっと上がります。

気軽に外に出て、社会参加の機会を減らさず、心身共に自動車運転時とあまり変わらず活動できると思います。

いま人気の電動アシスト三輪車です。

最近は格段に性能が上がっています。

価格は、223,000円です。