僕は小学生の頃から、毎朝チロを散歩に連れて行っていた。

チロは雑種の白い小型の犬だった。

僕と同い年ということで、小学生の低学年からなぜか面倒を見ていた。

中学生2年生の暑い夏の日に、野球部の練習から帰ったら、チロは死んでいた。

僕と同い年のチロが死んだ。

沢山泣いた。

凄く悲しかった。

チロには、もっと生きていて欲しかった。

犬は、年齢に応じた食事がいいらしい。

今ドックフードで圧倒的に人気NO.1の信頼のドッグフードです。

獣医師開発の国産鹿肉ドッグフード
愛犬の健康を真剣に考えて年齢ステージ別に最適配合