世界卓球女子団体戦で、日本対南北統一コリアと対戦しました。

そもそも南北統一チームが突然誕生してしまったから、驚きを超えて、呆れてしまいました。

ルールを超えた手前勝手な政治利用と考えられて、反論の余地はありません。

しかし、王者としての王道を貫くなら、やはり寛容に相手の手前勝手さを受け入れ、それに勝利するのが最高の王者の在り方となります。

これを体現したのが、日本チームの3人でした。

余計な泣き言も言わず、堂々と戦い、死闘の末の結果圧勝は、王者の勝ち味です。

特に、キャプテンの石川の根性と粘りには、完全に脱帽しました。

何度マッチポイントを取られたことでしょう。

最終的には、精神力とギリギリの技術の勝利でしょう。

何と痛快な事でしょう。

次は、いよいよ中国戦です。

世界ランク3位の佳純、5位の美誠、6位の美宇という過去最高の布陣で、巨人に挑みます。

頑張れ、佳純!

頑張れ、美誠!

頑張れ、美宇!

頑張れ、日本女子!

↓スポーツの究極のスピードに対応する動体視力強化グラス