リップルとは、リップル社が作ったシステムがRippleで、そこで使用される仮想通貨がXRPです。

企業がRipple社で、

送金システムがRippleNetで、

仮想通貨がXRPと、

分けて考えることができます。

仮想通貨リップル(XRP)は、通貨と通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨を目指したものです。

送金速度が早く、他通貨で問題となっている送金詰まりや遅延といったスケーラビリティ問題も非常に発生しにくく、送金を最重要視した通貨です。

現在の送金システムでは、外国為替、為替ヘッジなど、銀行の送金には多くの手間と時間がかかりました。

リップル社の技術は様々な企業、銀行で注目を集め、その技術を採用している企業も多数存在します。

リップルを導入すると、

外貨準備としてプールしておく通貨が「XRP」のみとなり、

システム内で移動する価値単位としての仮想通貨が「XRP」は、

為替ヘッジなどの費用を抑え安く済ますことができ、送金も素早く行うことを可能にします。

2016年にみずほ銀行、りそな銀行などメガバンクを含む邦銀42行と海外の大手金融機関が続々と採用を表明していることからリップルが、送金システムとして秀逸であることが伺えます。

リップル通貨を購入できるGMOです!