藤井聡太七段がまたとてつもない快挙を成し遂げた。

プロアマ問わず参加できる詰将棋選手権で前人未到の5連覇を達成したのだ。

3a4f3d32002f59a28396ab65ea874c3d_t詰将棋.jpeg
初優勝は並みいるプロをなぎ倒しての小学6年生の時だ!

やっぱり違うのだ!

また、2018年度の実績ではすでにこのブログでご紹介の通り、最高勝率賞を2年連続で獲得した。

更には、1年間の通じての妙手賞もゲット。

この妙手は、飛車と歩交換という常識的にはあり得ない凄まじい絶妙手で、

将棋界の伝説の手となるでしょう。

令和時代の藤井聡太七段の活躍が楽しみです。