仏教の最も有名な四法印といわれる教えは、以下の四つになります。




一切皆苦、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静です

それぞれの意味は以下の内容となります。

一切皆苦(いっさいかいく)=すべてのものは苦という性質を持っている
諸行無常(しょぎょうむじょう)=すべてのものは生住異滅(生じ留まり変化して消滅する)と移り変わる
諸法無我(しょほうむが)=すべてのものは一つとして独立して存在するものはなくつながっている
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)=悟ると宇宙の根源である慈悲・向上・智慧・無限の境地となる一体となる

本日は一切皆苦に関して、ご紹介したいと思います。

一切とは、仏教では認識しうるすべてのものという意味になります。

よく聞く言葉は苦しみとして生老病死があります。

生:母親の産道を通って生まれ出る苦しみ
老:老いる苦しみ
病:病になる苦しみ
死:死ぬ苦しみ




また、四苦八苦(しくはっく)という言葉がありますが、四苦は上記と通りで、八苦は以下の四つが加わります。

愛別離苦(あいべつりく)=愛する人と別れなければいけないこと
怨憎会苦(おんぞうえく)=憎い人と会わなければいけないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく)=五蘊(魂・心・体)に生じる様々な苦しみ
求不得苦(ぐふととくく)=欲しいものが得られないことの苦しみ

上記のうち五蘊に関して、難解ながら解説させていただきます。

五蘊とは、肉体に付帯している五つの性質を言います。

色=肉体そのものの物理的な働き
受=感情
想=知能・頭脳の働き
行=意志
識=人間性そのもの

上記5つの働きにそれぞれに生ずる苦しみを五蘊盛苦と言います。




話を元に戻すと、

一切皆苦とはすべての生きる局面には苦しみをいう側面があると言っています。

つまり苦しみとは相対的であるということです。

苦しみが相対的であるので、その原因を突き止め、その原因を取り除けば、その苦しみは感じなくなる。

その具体的な方法を実際的に提示いるのが仏教の教えです。

すべての生きる局面で苦しみという側面があると認識して覚悟を決めれば、心はそれだけで強くなります。

更には、上記の通り苦しみの原因を突き詰め、取り除き、そのための具体的な生活方法を実践すれば、人生は変わると仏教は断言しているのです。

次回はその苦しみの克服方法である四諦(したい)の教えをご紹介したいと思います。




上記写真はすべてコロンボ博物館の展示物を撮影したものです。