令和の時代は雨で始まりました。

僕は雨の日のランニングが大好きです。




大きな公園を独占できます。

小さな野の花や木々が僕に直接語りかけてくれます。

木立全体が僕の存在自体を温かく包み込んでくれます。




これが森林浴の良さなのかマイナスイオン効果なのか分かりませんが、

本当に癒されます。

木々や植物と何とも言えない一体感が味わえます。




これは、日本の自然の豊かさであり四季を織りなす風土の絶妙な恩恵なのかもしれません。

スリランカの雨は基本的にはスコール系なのでこのような雨を感じることはできません。