古鷹(ふるたか)は、

大日本帝国海軍の古鷹型重巡洋艦1番艦です。




艦名は江田島の海軍兵学校そばにある古鷹山に由来します。

平賀譲造船官が設計し世界で最初に巨砲20cmを搭載した巡洋艦となりました。

1942年10月にサボ島沖海戦で沈没しました。

故ポール・アレン氏のチームにより重巡洋艦『古鷹』が発見されました。

サヴォ島北西の沖合の深さ1400mの深海にその霊身を横たえて眠っています。

艦と共にあった英霊に!

艦内神社の御神霊に!

そして、艦霊に!

安らかならんことを心より祈念いたします!