最近は古典『眠られぬ夜のために』を読んで勇気付けられることが多くなりました。

骨太な正論、人間の無限の可能性に対する楽観性、神への揺るぎない憧憬が

僕に前を向く力を与えてくれます。