世界柔道を毎日見ています。

日本柔道の充実ぶりを強く感じます。

日本男子柔道の井上康生監督の手腕には本当に驚かされます。

さて、男子66kg級の準決勝での 阿部対丸山の日本人対決は、まさに見ごたえがありました。




ここ数年の日本柔道界のみならず世界柔道界をリードしてきた若き天才の阿部に

立ちはだかる4年先輩の丸山が凄い。

この準決勝までは、丸山がなんと2連勝で、阿部を破ってきました。

柔道界全体が阿部を盛り立てたい中での丸山の勝利への執念が尋常ではありません。

両者が真正面からぶつかり合っての真剣勝負でした。

まさに死闘であり、名勝負でした。

結果は延長戦で、またしても丸山の勝ち!




本当に魂が震える名勝負でした!